==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


芸能情報 /  音楽情報 /  最新ニュース /  IT関係 /  話題情報 /  健康関連 /  家電関係 / 
アニメ関係 /  経済関係 /  教育・育児関係 /  スポーツ関係 /  その他の情報 / 

赤ちゃん返り

◆上の子が赤ちゃん返り − 甘えを受け止めてあげて

下の子どもの出産をきっかけに、上の子が甘えるようになったり、
下の子に意地悪をしたり。「赤ちゃん返り」に悩む親は多いようだ。

出産だけでなく、生活環境の変化で起こることもある。

出来るだけ甘えを受け止めることが大切。

家族の協力で、上の子と親が2人で過ごす時間を作るのも効果的だという。

神奈川県内の主婦は2歳半の長男の赤ちゃん返り に悩んでいる。

生後5か月の長女の誕生以来のことだ。

長女を妊娠しているころから長男はひどく甘えだした。

産後は、夜泣きやぐずることが多くなり、
進んでいたトイレトレーニングも逆戻り。

長女の面倒を見ていると、わざと親にいたずらしてくる。

「長男は最近、癇癪も増えた。私もいらいらしてしまいます」と話す。

弟や妹が生まれ、親の愛情を独占できなくなることが、
赤ちゃん返り の大きな要因と考えられている。

育児情報サイトベビータウンが行った
「上の子どもと下の子どもの接し方」についての
アンケート(約1100人回答、複数回答)では、
「上の子どもを放っておきがちになる」が約4割、

「上の子どもに我慢させてしまうことが多い」
「下の子どもに甘くしてしまう」が各3割だった。

赤ちゃん返りは、2歳以降の子どもに多いが、
小学生でも現れることがある。

だっこやおんぶ、母乳を求めたり、
食事を食べさせてもらいたがったりする。

トイレで出来ていた排泄が出来なくなることも。

赤ちゃん捨ててきて」「赤ちゃん嫌い」など、
下の子を否定することを言う場合もある。

30年以上育児相談に携わっている、
東京都保健所心理相談員協議会会長の山本勝美さんは
「”ここまで成長したのに甘えさせると、発達上よくないのでは”と
戸惑う人も多いようですが、甘えを受け止めることが大切です」
と話す。

甘える心が満たされることで、子どもの情緒は安定し、
他人との関係を築いていく力の基礎にもなる。

赤ちゃん返りしても、自立する力は同時に育っていきます」
赤ちゃん返り は、下の子の誕生がきっかけとは限らないという。

仕事が忙しくなくなるなど、親に余裕が出てきた場合にも現れる。

上の子が小学校に入学し、手がかからなくなった際、
下の子が赤ちゃん返り することもある。

「子どもを受け止める心が親に備わったということ。

この場合も甘えさせてください」と山本さん。

赤ちゃん返りを緩やかにするポイントとして、

@下の子が生まれることがわかったら、
プレゼントを用意するなど、上の子と楽しみにしながら待つ

A生まれてからは、週に1度でもいいので、
パートナーや祖父母などに下の子どもを任せて、
その間、上の子どもと外出する時間を作るなどを挙げる。



posted by いまっち at 19:50 | TrackBack(2) | 教育・育児関係

家庭教師の選び方

家庭教師 選び方

子供の塾通いで送り向かいが大変。

夜中まで授業があって子供の夜道の塾通いは不安。
そこで家庭教師にみっちり仕込んでもらうか!っていうことになりますが、
いったいどうやって選べばいいのでしょうか?

調べてみました。ズバリ相手の立場で教えられる家庭教師が良いでしょう。

生徒の状況・理解度の応じて教えられる家庭教師です。

どこで探せばいいでしょうか?先に避けておきたい事例をみてみましょう。

まず評判がイマイチなのは、電話での勧誘がかかってくる場合です。

手当たり次第のため質に問題がありようです。
ただし、生徒との相性があるため生徒次第ではあります。

第2に避けたいなのは、授業料を一括請求する業者です。

一括請求された場合はパスした方が無難でしょう。
第3に避けたいのが、知り合いからの紹介です。知り合いだからいいだろう、
しかし生徒と合わなかった場合が最悪です。

辞めてもらいにくいのです。
知り合いだけに後々関係がギクシャクしてしまう場合があるからです。

それでは、どうやって探すのがいいでしょうか?

無難な線では、

1:
大手家庭教師派遣サービスを使う。

2:
学生が運用している家庭教師派遣サービスを使う。

3:
インターネットでの家庭教師派遣サービスを使う。
これら団体がはっきりしているところを利用するのがいいでしょう。

その際に、契約内容はしっかり目を通しておいて下さい。

生徒との相性が悪かった場合は、すぐに変えることが
出来るかどうかは重要なポイントです。
posted by いまっち at 11:52 | TrackBack(2) | 教育・育児関係

乳幼児の誤飲対処法

乳幼児の誤飲対処法

煙草や薬、おもちゃなどを飲み込んだり、
喉に詰まらせたりする誤飲事故が後を絶たない。
自然に排泄されることがほとんどだが、
時には中毒や窒息など生命を脅かす危険性もある。

予防策を講じることはもちろん、いざという時の対処法も知っておきたい。

今月13日、千葉市の日本赤十字社千葉県支部で、
子供の誤飲について学ぶ講習会が開かれた。

参加した和泉弥生さんの長男は生後5か月。
まだ自分から動き回ることはないが、
毛布や服の袖などを口に入れ始めたという。

国民生活センターによると、2000年4月から05年1月までに、
全国20か所の協力病院に寄せられた誤飲事故は計2714件。

多くは自然に便として出たり、吐き出したりして軽症で済んでいる。

しかし、3歳の男児がボムボールを喉に詰まらせたことが
原因で亡くなった例など、生命にかかわる事故も6件あった。

年齢別では、0歳と1歳で計2000件。

ハイハイなどが始まる生後6か月前後から急増する。

原因となった物は、煙草が最も多く、医薬品、おもちゃと続いた。

誤飲を防ぐ にはどうしたら良いか。

日赤千葉県支部参事の秋田真知子さんは
「当たり前のことだが、子供の口に入りそうなものは、
手の届かない所に置くこと。薬を飲んだり、煙草を吸ったりする場所は、
あらかじめ決めましょう」と話す。

来客があったり、自宅以外に宿泊したりする時など、
普段と生活環境が変わるときも要注意。

兄弟がいる家庭では、上の子のおもちゃなどにも気を配りたい。

秋田さんによると、3歳の子供が口を開けたときの大きさは直径約4a、
喉の奥まで約5a。鍵や口紅などそれより小さい物は誤飲の可能性がある。

日本家族計画協会では、このサイズを確認できる
誤飲チェッカー」(1個525円)を販売している。

万が一、異物を飲み込んでしまった時は、まず吐き出させる。

乳児の場合、手で顎を固定しながら、うつ伏せの状態で膝の上にのせ、
肩甲骨の間を手のひらの下の部分で5回ほどたたく。

幼児の場合は、頭部を低くして、肩甲骨の間を同様にたたいたり、
仰向けに寝かせて肋骨の下あたりを両手で圧迫したりする。

いずれも、子供の口元を確認しながら、少しずつ力を入れていく。
ただ、子供の状態や異物によっては、吐き出させず、
病院に行った方が良いこともある。

財団法人日本中毒情報センター
つくば中毒110番(午前9時〜午後9時、029-852-9999)、
大阪中毒110番(24時間対応、072-727-2499)では、
医薬品や化学物質の中毒について情報提供している。


「万が一の時に慌てず対処するには、知識に加えて体験も大事。
講習会などの機会を積極的に活用してほしい」
と秋田さんは話している。

posted by いまっち at 20:20 | TrackBack(0) | 教育・育児関係

20〜30代の女性の食事について

妊娠を望む20〜30代の女性にとって、
規則正しく、バランスのとれた食事をとることはとても重要です。

女性の体の栄養状態は、妊娠中の体調や、

産まれてくる赤ちゃんの健康に大きく関わってくるからです。

最近、栄養バランスが偏っている妊婦さんが多いと聞いています。

妊娠前から、何を、どれだけ食べたらいいのかを、
きちんと知っておく必要があるのでは。

食事は
主食」、「副菜」、「主菜」、「牛乳・乳製品」、「果物」の
5つを欠かさずとることを基本とすると、
毎日の食事バランスが保たれます。

また、食卓に、さまざまな「色」を取り入れるのも、食事バランスをとるコツです。
中でも、不足しがちな緑・赤・黄色の緑黄色野菜は、
主食についでしっかりと食べたいもの。

特に、ほうれん草やかぼちゃ、ブロッコリーなどの中には、
妊娠前後の女性に不可欠な“葉酸”をはじめ、
さまざまなビタミン、カルシウムや鉄分が含まれています。
posted by いまっち at 00:28 | TrackBack(0) | 教育・育児関係

出産祝いに

出産祝い にオーダーメイドカレンダー

子供が生まれたら、かわいい写真をたくさん撮りたいですね。
でもせっかくなので、
アルバムに張っておくだけではもったいない。

かわいい子供の写真をオリジナルのカレンダーにして部屋や仕事場に飾りませんか。

出産のお祝いにももちろん喜ばれる商品です。

子供だけでなくかわいいペットのお気に入り写真、
イラストをご希望に合せてデザインします。

デザイン・加工費、製作費・消費税込み表紙、
1ヶ月ごとのページに1枚ずつお写真やイラストを使用できます。(計13枚)

大きさは、開いた状態でB4サイズです。

写真を活かせるマット紙を使用。

お好みに合せてステキなカレンダーに仕上がりますので

お祝いだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんへ子供の
カレンダーをプレゼントしたり、お友だちへのインテリアグッズなど
贈りものとして大変人気のある商品です。
posted by いまっち at 06:48 | TrackBack(0) | 教育・育児関係

子どもの紫外線対策




近頃の子どもの紫外線対策

0〜2歳の子を持つお母さん300人に「子どもの紫外線ケア」に
ついて行ったアンケート結果です。

「子どもの紫外線対策は必要」と考えるお母さんは95%これは、
子どもの紫外線対策が常識として浸透していることが伺えます。

地域別の差もないので、全国のお母さんの認識と
なってきていることがわかります。

自分が子どものときには「日光浴は体によい」と
思っていたお母さんは88%お母さん本人の子ども時代は反対に
「日光浴が体によい」を思っていた人の方が多く子ども時代に
悪いと思っていた人は5%でした。

お母さんの情報源

1位「育児雑誌」、

2位「テレビ」、

3位「インターネット」「育児雑誌」


が全体の58%「母親から聞いて」は6.3%の10位メディアからの
情報収集がメインで母親からの世代間の伝承は少ないことがわかり
ます母子手帳から「日光浴」という言葉が消えたことを知っている
お母さんは6割強1998年以降は「外気浴をしていますか?」だけにとどまり、
「日光浴」という文字が消えています。

このことを知っているお母さんは6割強で、
上記のメディアから情報を得ているということでしょう。

紫外線対策行動として実行していること・・

第1位は「帽子をかぶせる」(87%)以降
「ベビーカーの日よけをおろす」(64.0%)、
「日やけ止めクリームなどを塗る」(61.0%)、
「日差しの強い日や時間帯を避けて外出」(51.3%)、
「一定時間以上直射日光に当たらせない」(32.0%)
の順に多く、
回答結果から複数の紫外線対策を行っていることがわかります。
効果がもっとも高いと思うのは「日やけ止めクリーム」
この結果には年齢差が出ています。

30歳以上のお母さんよりも29歳以下のお母さんの方が
効果が高いと認識していて、積極的に使っている。
という様子が伺えます。

公園デビューの時期で選ばれているのは春(4〜5月)が多い少なかったのは
2月と8月。紫外線だけでなく適度な外気温を重視している様子がうかがえます。

アンケート結果を簡単にまとめてみるといまどきの子育てママは、
育児情報をメディアから得ていて、
紫外線対策は子どもにも必要」という意識が高いことがわかります。

このアンケートを行ったのはロート製薬ですが、こういうアンケートを踏まえて、
紫外線対策のサイトを公開しています。

サイトはコチラ
 ↓ ↓ ↓
http://www.rohto.co.jp/uv/「天気のいい日には子どもには外で遊んでほしい・・・」

紫外線対策をした外気浴の方法が満載です。
posted by いまっち at 02:23 | TrackBack(0) | 教育・育児関係

絵本の読み聞かせのためのポイント

上手な絵本の読み聞かせのためのポイント

・子どもはひざの上に抱いて、同じ方向から読む

・途中で質問されたら、読むのを止め、子どもの顔を見て答える。
子どもとのコミュニケーションをとるのが大切。

・子どものペースで読み進め、絵もちゃんと見せる。

・子どもがどんどんページをめくったり、
他のことに気が向いたりしても気長に待つ

・子どもが臨んだら同じでも面倒がらずに何度でも読んであげる。

・子どもの心が落ち着いている、夜寝る前やお昼寝の前などに
  習慣づけて読むようにする。

・子どもが本を持ってきたときはできるだけ、その場ですぐ読み聞かせる。

・子どもの反応を見ながらなるべくゆっくりと読みましょう。

声色を変えて変化をつけると子供の関心もひきつけられる。

子供が一人で読めるようになっても、子どもが望む限りは、
読み聞かせを続けてあげる。
本は子供が好む本や、親が子供に読んでほしいを選ぶことがポイント。

posted by いまっち at 02:20 | TrackBack(0) | 教育・育児関係

胎内記憶

胎内記憶

胎内記憶って知っていますか? 

赤ちゃんがおなかの中にいたときのことを
覚えているということを指します。

3人に1人が胎内記憶を持っている?

池川クリニック院長の池川明先生は
日本で初めての3500人以上を対象とした、

胎内記憶誕生記憶のアンケートを行いました。

データによると、実に3人に1人の子どもが
胎内記憶を持っているそうです。

そして、約2割は生まれたときのことを
記憶しているそうです。

池川先生は著書で書いています。

「大切なのは、妊娠期間中にお母さんが
気持ちよく過ごすことであり、本来の胎教とは、
つまりそういうことではないかと思います。
(中略)お母さんの気持ちは赤ちゃんに筒抜けです。
お母さんが日々の生活を楽しみ、
『生きるのってすばらしいことよ』という
メッセージを赤ちゃんに伝えることができたなら、
それは赤ちゃんへの人生最初のすばらしい
プレゼントになるはずです」

赤ちゃんがおなかにいるときからすでに
子育ては始まっているのです。


妊娠中、ブルーになることもあるかもしれませんが、

赤ちゃんがママを見ていると思うと、
元気が出てきそうですね。
posted by いまっち at 06:32 | TrackBack(0) | 教育・育児関係
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。