==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


芸能情報 /  音楽情報 /  最新ニュース /  IT関係 /  話題情報 /  健康関連 /  家電関係 / 
アニメ関係 /  経済関係 /  教育・育児関係 /  スポーツ関係 /  その他の情報 / 

デジカメ・データのデータ復旧について

デジカメ・データのデータ復旧について

デジカメって本当に便利なんだけど、デジカメのデータが壊れた時の復旧ってどうするか知っています?つい最近壊れたんです、デジカメのデータが。
旅行に行って一杯写真を撮ってきたんだけど、それをパソコンに落として開こうとしたら開けない。
データが壊れているみたいなんです。
せっかく旅行に行って綺麗な写真とか思い出になる写真を撮ってきたのに、それが全部パーになると思った瞬間に冷や汗が出来ました。
友達に聞いてみたらデジカメ・データの復旧はソフトがあって出来るはずと言われたんです。
それで何とかしないとと思って色々しらべていたら色んなことが分かりました。
「デジカメ消去画像・かんたん復活」とか、「DataRecovery 2.2.1」とか、「フォトリカバリー8.0」とか、「完全フォト復元2008」とか、「復元」とかなどがありました。
有料ソフトでもそんなに高くなくて安心です。
私の場合はデジカメのメディアでコンパクトフラッシュというやつが壊れていたんですけれど、間違ってデジカメデータを削除してしまったり、パソコンに落とした後でパソコンから削除してしまったり、ハードディスクが壊れてしまったりしてデジカメデータを取り出せなくなってしまった人もいるみたいです。
そういう場合にも使えるソフトが上記にはあるので是非お試しください。
パソコンのゴミ箱からも削除してしまっても、完全には消えていないんだそうです。
だから捨てたパソコンのハードディスクから情報漏洩とか問題になっていますよね。
あれってゴミ箱から削除しても、その上に上書きしているだけだからんだそうですよ。
上記のデジカメデータ復旧ソフトなどでダメな場合には、専門の業者さんもいるみたいです。
データサルベージで検索してみると沢山の業者さんが出てきます。
データっていつ壊れるのか分からないものなのでバックアップも大切だなと思いました。


posted by いまっち at 18:17 | TrackBack(6) | IT関係

CDR/DVDメディアのデータ復旧について

CDR/DVDメディアのデータ復旧について

CDR/DVDメディアの復旧はほとんどの場合、保存した大切なデータを取り出せることが出来ます。
大事なのは今の状態をより悪化させてはいけないことです。

・メディアを挿入しても「ディスクを挿入してください」と表示される
・保存したはずのデータのファイル名は確認できるが、読み込み・コピーができない
・誤ってデータを消してしまったり、誤ってフォーマットしてしまった
・パソコン起動後にディスクを挿入すると、パソコンがフリーズしてしまう
・パソコンを買い換えたら、なぜか読めなくなってしまった
・メディアを水にぬらしてしまった
・市販のソフトを使用しても復活できなかった
・ディスクを入れた時、フォーマットしますか?と表示されてしまう。
・ディスクに撮影したはずのデータが全て消えてしまっていた。
・ファイルを読み込めない、アクセスできない。
・大切に保管していたメディアからデータを久しぶりに読み込もうとしたら、データが消失していた

参考業者比較
・株式会社フレックス
東京都千代田区三番町28番地603−3919−3801
http://www.kk.iij4u.or.jp/~flexsaka/data.htmlCD-R/CD-RW  
29,800円 DVD-R/RW/RAM  70,000円(税込み)

・株式会社コアフロッグ 富山県富山市太郎丸西町2-1-3 2F-2   
TEL 076−481-9119 
FAX076−481-9129 
フリーダイヤル0120−56−9119
http://p.core-frog.com/CD
(R/RW) 23,000円〜 DVD(R/RW/RAM)23,000円〜(税抜き)

・ データ復旧エクスプレス  
東京都新宿区四谷2-8 クローバビル804
TEL03-5379-7205 
http://www.pjc.co.jp/Recover/
CD-R・CD-RW 10,500円 DVD15,750円(税込)

業者によっては簡単なデータ復旧しか治せないところもあるようです。
大切なデータを取り出せず、症状悪化させてしまうところもあります。
評判や信用と実績など考慮して安心できる業者を選びましょう。
posted by いまっち at 18:14 | TrackBack(0) | IT関係

USBメモリのデータ復旧について

USBメモリのデータ復旧について

USBメモリのデータ復旧についてご説明いたします。
USBメモリーのデータ復旧といっても、その要因はさまざまです。
まず、USBメモリーが物理的に壊れた場合。
落下にて破損したり、水没してしまい本体自体の電源が入らない場合この場合は、個人でデータ復旧することは、まず無理だと思われます。
しかし、USBメモリーに入っていたデータが大変重要なものであったり、お金はどれだけかかっても復旧したいという場合は、業者に依頼してみるという手段もあります。
たとえば、データー復旧センターが提供するUSBメモリーデータを復旧するサービスなどがあります。
事前に見積をもらうことができるので、どのくらいお金がかかるかは見積により決めることができます。
物理的にUSBメモリーが破損した場合でないとき、すなわち削除してしまったデータを復旧させるのは、それほど難しいものではありません。
USBメモリーのデータは、パソコンのハードディスク上のデータと異なり削除したデータがゴミ箱に残りません。
そのため、一旦削除してしまうとデータ復旧することができません。
しかし、ゴミ箱に残らなくても、データー復旧ソフトを利用すれば、データを復旧することができる場合があります。
そしてそれらのソフトは、有料版もありますが、無料ソフトもあります。
Googleやヤフーなどで、「データー復旧 フリー」などと検索すれば結構ソフトを検索することができます。
USBメモリー対応となっていなくても、試して見る価値は十分あります。
有料版でも、数千円から、1万円超程度です。
しかし、こちらも完全ではありません。
とても古いデータなどは、復旧できない場合もありますので、まずは、フリーソフトなどで試してみることをお勧めします。
posted by いまっち at 18:12 | TrackBack(0) | IT関係

大塚商会のデータ復旧サービス

大塚商会のデータ復旧サービス

大塚商会のデータ復旧サービスhttp://www.otsuka-shokai.co.jp/products/dr/)とは、CDやハードディスク(HDD)、DVDなどなど、さまざまなメディアのデータを復旧してくれる大塚商会さんの提供するサービスです。
約10年前からデジタルカメラが普及しだしてからは、企業のパソコンだけではなく、家庭で利用されているパソコンのデータにも貴重なデータが増えてきました。
デジタルカメラやデジタルビデオカメラの高画質化により、ハードディスクが壊れた場合の損失も大きくなってきました。
実際に壊れてしまったメディアから、どれくらい(何パーセント)のデータが復旧できるかの調査もフリーダイヤル(0120-562-420)で受け付けし、調査してくれます。
大塚商会のデータ復旧サービスは、データ復旧の調査期間として2日から4日、復旧にかかる期間を1日から3日とし、調査依頼から約1週間でデータを復旧してくれます。
壊れたハードディスクなどを修理するのではなく、中身のデータを抜き取り、正常なメディア(CD-ROMやDVD-ROM)などに移し変えるカタチでデータを戻してくれます。
大塚商会のデータ復旧サービスは18年の経験とノウハウを持つ米国オントラック社の開発したデータ復旧ソフト EasyRecoveryを利用してデータを復旧しています。
大塚商会では、逆に廃棄処分するパソコンのハードディスク内に残されたデータをシッカリと削除するデータ消去サービスもあわせて行なっています。
posted by いまっち at 18:10 | TrackBack(0) | IT関係

データ復活サービスのピーシーキッド

データ復活サービスのピーシーキッド

データ復活サービスのピーシーキッドhttp://www.pckids.co.jp/services/hukkatsu/hukkatsu.html)とは、株式会社ピーシーキッドが提供するデータ復活サービスです。
壊れてしまったハードディスクの中に保存されていたデータを世界最高水準のデータ技術を活かして、取り出すサービスです。
復活させたいデータが入ったハードディスクなどをピーシーキッド社に持ち込んだ場合だと、最速で6時間で壊れたハードディスクの状態を調査し、どれくらい(何パーセント)の比率で復旧が可能かを報告してくれます。
今までで復旧依頼を受けたものに対して、92%ものデータを見事復活させたという驚異的な数値を持っています。
それらの経験を元にした技術だけでなく、お客様の大切なデータをお預かりする立場という部分もちゃんと理解しており、復旧作業時は指紋認証や監視カメラなどのセキュリティをしっかりと導入されています。
ピーシーキッドは約20年の業務実績を持つ米国ドライブセイバーズ社と提携しており、さまざまな重度障害のハードディスクからのデータを復活させてきました。
米国ドライブセイバーズ社は、ABCニュースやNASA、モトローラ、Yahoo、マイクロソフトなどの多くの企業やバイオ・ハザードのミラ・ジョボビッチ、アーティストのスティングなどの著名人にも利用されてきています。
フリーダイヤル(0120-56-2982)で問い合わせも受け付けしてくれますので、ハードディスクが不調の場合、とても頼りになる存在といえます。
posted by いまっち at 06:30 | TrackBack(0) | IT関係

日本データ復旧サービスセンター

日本データ復旧サービスセンター

日本データ復旧サービスセンターは、AOSテクノロジーズ株式会社が運営しています。
この会社は1995年3月に創立され、データ復元ソフト「ファイナルデータ」シリーズの発売元として有名です。
ほかにもネットセキュリティポータルサイト「Security119.jp」などを運営しています。
日本データ復旧サービスセンターの行っているサービスにはどんなものがあるか見てみますと、ユーザーの誤操などが原因でファイルやデータを削除した場合にハードディスク、MOなどからデータを復旧してくれます。
また個人では修復が困難なハード的な故障が起きたときにもデータの復旧調査をしてくれます。
RAIDといって複数のハードディスクを仮想的な1台のハードディスクとして運用するシステムでデータが読み出せなくなった場合の調査、フォレンジックス調査といって、法的な問題を解決する為に、デジタルデータの調査解析、保全、復元などを行うサービスを提供しています。
他にパスワードを復旧するサービス、デジタルカメラのデータの復旧サービスなどの様々なサービスを提供しています。
パソコンに障害が起きて、日本データ復旧サービスセンターにサービスを申し込む時の手続きですがホームページ(http://data119.jp/index.html)にアクセスして、お申し込みの手順というページに詳しく説明されていますので、日本データ復旧サービスセンターのホームページを参照されると良いでしょう。
最初に、障害の起きたパソコンなどの媒体を宅急便でセンターに送って、初期調査をしてもらいますが、初期調査は無料ですので大事なデータを復旧させたい時は、日本データ復旧サービスセンターに初期調査をお願いしてみてはどうでしょうか。
posted by いまっち at 06:27 | TrackBack(0) | IT関係

データ復元ソフト「ファイナルデータ」シリーズ

データ復元ソフト「ファイナルデータ」シリーズ

データ復元ソフト「ファイナルデータ」シリーズは、AOSテクノロジーズ株式会社が発売している有名なデータ復元ソフトです。
AOSテクノロジーズ株式会社は日本データ復旧サービスセンターを運営していることで有名な会社です。
「ファイナルデータ」シリーズは2000年の一月から発売が始まり、BCNランキングというインターネットの有名なサイトのシステムメンテナンス部門で上位にランクされていたりして、評判の高いソフトです。
「ファイナルデータ」シリーズは2008年春からファイナルデータ8.0という新しいバーションに変わりました。
ファイナルデータ8.0シリーズの特徴はWindowsが起動しない状態でも、CDブートでシステムを起動させてデータの復旧が可能になったという点です。
また、ファイナルデータ8.0シリーズでは解析エンジンの高速・高精度化が図られ、データの復元時間が従来品に比べて60%短縮されたそうです。
ファイナルデータ8.0シリーズには4種類のパッケージがあります。
簡単に説明しますと基本機能だけに絞った「ファイナルデータ8.0特別復元版」、マイクロソフトofficeのデータ復元ができる「ファイナルデータ8.0特別復元版+Office修復」、シリーズ最上位版の「ファイナルデータ8.0 特別ネットワーク版」、デジカメ画像、動画、音楽データなどの復元ができる「フォトリカバリー」の4種類があります。
 バックアップを取っていても、突然壊れる可能性のあるハードディスクですから、「ファイナルデータ」シリーズのようなデータ復元ソフトを手元に置いておくと、問題が発生したときに役立つのではないでしょうか。
posted by いまっち at 23:34 | TrackBack(0) | IT関係

RAID(0/1/5)システムとは

RAID(0/1/5)システムとは

パソコンに搭載されているハードディスクが突然故障して、ハードディスクに保存していたデータが無くなってしまうと大変困ってしまいます。
このような事がおきない様に日頃から外付けのハードディスクなどにデーターのバックアップをしておくという方法があります。
バックアップの別の対応策としてRAIDという方法があります。
RAIDとはRedundant Array forInexpensive Disksの略で複数のハードディスクに書き込む内容を分散させることによって速度を高めたり、複数のハードディスクに同じ内容を書き込んだり、ハードディスクの故障時にデータを修復するためのデータを書き込むことによって、もしもの時にハードディスクが破損しても、データが失われないようにすることです。
、複数のハードディスクにデータを分けて記録していくため、データの大容量化と高速化が可能となります。
ただし、1台のHDDが壊れた場合、すべてのデータが壊れてしまうので、耐障害性は低くなります。
RAID1はミラーリングと呼ばれ、複数のハードディスクに同じデータを記録することで、ディスクの耐障害性を高めるシステムです。
通常は2台のディスクが使われます。
片方のディスクの障害発生時に、他方のディスクが代替として機能するため、高い信頼性が得られます。
 RAID5はRAID1と同じように複数のディスクにデータを均等に書きこみしますが、その際に誤り訂正符号(パリティ)も分散して書き込みます。
この誤り訂正符号によって、どれか1台のディスクが故障した際はデータの復旧が可能となります。
しかし2台以上のディスクが故障した際はデータの復旧はできないので注意が必要です。
posted by いまっち at 23:26 | TrackBack(0) | IT関係

BUFFALO LinkStationシリーズ

BUFFALO LinkStationシリーズ

パソコンのデータだけでなく、お気に入りの音楽ファイル、そして、録画したテレビ番組などの映像データ、これらの大量なデータはもはやDVDやCDといった媒体ではとうてい管理はできず、データ管理の本命はハードディスクにほぼ決定したといえるでしょう。
ハードディスクというと、パソコンの一部というイメージが強かったものですが、最近は、ホームサーバーという使い方に注目が集まっています。
ホームサーバとは、写真や映像データや音楽データなどをひとつのハードディスクに集中させて、そこに、数台のパソコンや、テレビ、オーディオ機器、プリンターをつなげて、データを共有することです。
ファイルサーバーともいいます。
いわゆる外付けHDDということになりますが、いままでのHDDがUSB接続だったのに対して、これはLAN接続なのでLANケーブルになります。
LAN接続のHDDは便利な反面、ネットワーク接続なので、IPアドレスの設定が面倒で、普通の人には敷居が高かったのですが、このリンクステーションに付属のソフトウェアにしたがってセットアップすれば、ネットワークに詳しくなくても簡単にセットアップできるのが嬉しいところです。
またホームサーバーとしてだけでなく、バックアップ目的として使用する場合に重宝するRAID1機能もついています(LS-WS1.0TGL/R1など)。
RAID1とは、いわゆるミラーリングのことで、あたかも鏡のように、パソコン内のデータと外付けHDDのデータを同時に保存する仕組みです。
通常のバックアップソフトですと、一定時間ごとにバックアップするというものが多いですが、RAID1ですと、タイムラグなしに、データを同期できるので、究極のバックアップともいわれます。
LANというと、ちょっと小難しいし、実際、とっつきにくいですが、バッファローの付属アプリケーションがあれば、気軽にセットアップできますので、面倒くさがらずに、導入してみてはいかがでしょうか。
posted by いまっち at 21:57 | TrackBack(0) | IT関係

HDD Regeneratorの使い方について

HDD Regeneratorの使い方について

ハードディスクがクラッシュしてしまったときの命綱、それが、HDD Regeneratorです。
ハードディスクに損傷があると、ハードディスクの中身が読み込めなくなるわけですから、ためこんだ大事なデータがおじゃんになってしまいます。
今までは、定期的にとっていたバックアップが頼りか、データ復旧の業者に頼まざるをえませんでした。
ただこうしたハードディスク復旧の業者に頼むと、足元をみられてか、うん十万円単位の料金がかかるため、法人ならともかく、個人ではまず利用するのが難しいです。
ですが、このHDD Regenerator(http://www.dposoft.net/regnow/hdd.html)は$59.95のシェアウェアながら、六割の復旧率を誇ります。
HDD Regeneratorの使い方は、まず、ハードディスクが生きているPCでHDD Regeneratorを起動した上で、ブートディスクを作ります。
ハードディスクが壊れてしまうと、HDDからデータが読めないので、ウィンドウズなどのOSも立ち上がらなくなってしまうわけですから、別のディスクからPCを立ち上げなければいけません。
そのためのブートディスクです。
CDとフロッピーの二つから選べます。
それを作ったら、ブートディスクをもとに、PCを起動して、ハードディスクをスキャンさせるだけです。
けっこうな時間がかかりますが仕方ありません。
なんとか復旧できたら、そのままハードディスクを使い続けるのではなく、HDDが生きているうちに、新しいハードディスクへデータをバックアップしておきましょう。
posted by いまっち at 21:53 | TrackBack(0) | IT関係

ハードディスク復活ツール HDD Regenerator

ハードディスク復活ツール HDD Regenerator

ハードディスク復活ツール HDD Regeneratorは、キズなどの障害により、正しく読み書きができなくなったハードディスク表面の不正確な磁性を物理的に修復し、再度利用可能にするソフトです。
ここでいう物理的ダメージは、磁性の極性変化による物理的エラーによるものということのようです。
セクターに直接アクセスして処理を行うため、OS やファイルシステムは問わないFileSystem非依存的な修復ですが、修復にかなり時間がかかるのが問題のようです。
逆に言いますと、HDD Regeneratorツールは、ファイルシステムの構造には一切関与しないため、ファイルシステムからBad Sectorとしてマークされている変数には一切関与しせん。
だから、悪いフラグが付いたセクターのデータは、ファイルとして認識されず、読み出すことはできないといことで、可能であっても、HDD Regeneratorで修復したデータを、さらに別のソフトを使ってファイルに戻す操作が必要のようです。
実際に試した報告もあります。
HDD Regeneratorを使って壊れたHDDが直った!
http://blog.clouder.jp/archives/000731.htmlや使用不能になったハードディスクを復活させる「HDD Regenerator」 http://gigazine.net/index.php?/news/20060811_hdd_regenerator/等を参考にしてください。
でも、時間と労力を考えると、日頃のバックアップがいかに大事かが判りますね。
posted by いまっち at 18:19 | TrackBack(0) | IT関係

DiskX Tools Ver.11

DiskX Tools Ver.11

あなたのパソコンは、今、本当に快調といえますか?パソコンは、使用を繰り返す度に、性能が購入当時と比べると低下してゆくのを知ってましたか?使えば使うほど不調になるのが、パソコン環境の常識なのです。
機械的な磨耗や疲労という原因の他に、多くの場合は、OSやアプリケーションの動作が遅くなるという、ソフトウェア的な原因が特徴です。
このソフトウェア的な不調は、定期的にメンテナンスをすることで改善できます。
しかしながら、通常のユーザーにとって、パソコンのメンテナンス作業は非常に高度な知識を必要とされ、貴重なデータを破壊・消失してしまう危険もあるのです。
使うほどパソコン内に増えてくる不要ファイル・レジストリの数や、ディスクの使用可能な空き容量などを診断してくれます。
パソコン環境を圧迫している不要ファイルや断片化したレジストリを検索し、削除や再編成により、HDDの空き容量を確保し、作業の高速化を図ります。
デスクトップクリーンとかインターネットクリーナーという機能もあります。
自分のパソコン環境に沿ったクリーン作業を実行する、独自のファイルクリーナーも作ることが可能です。
Ver.11で新搭載された「ワンタッチクリーナー」操作では、作業終了後にパソコンの電源を自動的に落としてくれるため、就寝前や退社する際に使うと効果的です。
この DiskX Toolsは、Ver.11からは、ライセンス認証機能が付加され、この機能の仕組みをよく理解しないまま使うと、使用不能状態になりますので、注意が必要です。
意外と不便なようで、中には、好きでずっと使ってきたけど、もうこれからは使わないという人もいますね。
でも、このソフトの特徴は、削除しても問題ないかどうかをマークで表示してくれるので、PC操作に慣れていない人でも、ワンタッチでできて、重要なファイルを削除する心配もないので、安心です。
posted by いまっち at 15:26 | TrackBack(0) | IT関係

ノートン・セーブ&リストア

ノートン・セーブ&リストア

株式会社シマンテックの新製品「ノートン・セーブ & リストア」は、個人ユーザー対象の自動バックアップ/復元機能を備えたソフトで、万一の事故に備えて、パソコンのシステムやデータをバックアップし、復元できるソフトです。
バックアップを実行していない人が 68%以上あるといわれています。
現代社会は、ネット社会といわれるほどネット関連機材が氾濫し、日常必要とするデーターの大半を、ネット機器で管理している人は本当に多いと思われます。
しかし、機器である以上、故障したり不具合になることは避けられないのも事実です。
二つ目は、選択したファイルとフォルダだけを絞ってバックアップ方法です。
非常に親切なソフトで、起動すると画面に大きく「危険性あり」と表示され、バックアップを取っていないドライブがあることを教えてくれる機能もあります。
難しいことはわからなくても推奨設定で実行できるので、パソコン初心者には、ぴったりといえるソフトです。
また、ノートン・インターネットセキュリティと併用すると、ウイルスやワームの侵入時に自動的にバックアップを開始してくれます。
簡単・迅速に、快適に動いていた状態まで、復元でるのです。
posted by いまっち at 11:56 | TrackBack(0) | IT関係

オンラインから利用可能なデータ復旧ソフトウェア

オンラインから利用可能なデータ復旧ソフトウェア

オンラインから利用可能なデータ復旧ソフトウェアの紹介です。
削除したデータを復旧させる製品は、通常、コンピュータにインストールした後にデータ復旧が可能なのですが、(株)LIVEDATAが開発したオンラインデータ復旧製品「エクストリーム(XTREME)」は、オンラインから利用可能なデータ復旧ソフトウェアなのです。
初心者でも数回操作するだけで、簡単にデータ復旧が行えるというソフトです。
現在、国内唯一のデータ復旧ソフトウェアです。
ゴミ箱から削除したファイル、Shift+Deleteキーで削除したファイル、さらにはフォーマットしてしまったディスクのファイルやパーティションまで復旧できます。
そして元々データがあった場所は使用しないクラスタで偽装されます。
よってフォーマットしたハードディスクも元々のデータを復旧することができます。
ここへ、データーを上書きするような操作を入れると、復旧が難しくなります。
だから、1.インストールやコピーをしない、2.デフラグツールを実行しない 、3.プログラムを実行しない、4.スキャンディスクを実行しない、等の注意が必要です。
現状を、いかに変更させないで保存できるかが、復旧率を左右させます。
復旧率は、損傷した状態で保存されたファイルがどれだけあるかによって決定されます。
FAT(File Alocation Table)系のファイルよりは、NTFSファイルの方が、フォーマット後の復旧率がかなり高いです。
パーティションを削除した場合は、その後の操作を誤らなければ、100%復旧可能です。
リカバリーCDを使用して復元操作を行った場合には、復旧率が著しく低下する可能性もあります。
XTREMEで、復旧可能なものは、ゴミ箱を空にした、ファイルをSHIFT+DELキーで削除した、ハードディスクをフォーマットした、パーティションを削除した、フォーマット後、Windowsを再インストールした、「フォーマットしてください」というエラーが出た、パーティションが消えてしまった、デジカメのメモリーデータを削除した、等の場合に限られます。
posted by いまっち at 11:55 | TrackBack(0) | IT関係

無料で使えるデータ復旧フリーソフト

無料で使えるデータ復旧フリーソフト

無料で使えるデータ復旧フリーソフトは、文字通り無料でハードディスクから削除してしまったり誤作動を起こして失ってしまったデータやファイルを復旧してくれるソフトなんです。
誰でも一度や二度くらいはデータやファイルを誤って削除してしまった経験があると思います。
そんなときは必死でデータを復旧してくれるソフトを探しますが、有料か無料化で悩むところです。
無料で使えるデータ復旧フリーソフトは何種類かありますが、フリーソフトだから使えないのではないかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが中には結構使えるソフトもあるようです。
もちろん、フリーのソフトということなのでデータ復旧の専門業者と比較した場合には復旧率は低くなると思われます。
例を挙げますと、実際に復旧させることができる日本製の無料で使えるデータ復旧フリーソフトでは、「Data Recovery」というソフトがあります。
窓の杜というソフトをたくさん紹介しているサイトがあるのですが、そこに行くとダウンロードできますので、urlを記載しておきます。
■Data Recovery
↓↓↓↓↓
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/file/delundel/datarecovery.html
マニュアルをよく読んで、あくまでも自己責任でお願いいたします。
posted by いまっち at 11:53 | TrackBack(0) | IT関係

データ復旧ソフトとは

データ復旧ソフトとは

データ復旧ソフトとは、削除やエラーなどによりアクセスできなくなってしまったファイルやフォルダを検出、元の形に復元するソフトです。
現在ではたくさんのデータ復旧ソフトが販売されています。
よほどの重症でない限り、データ復旧ソフトを使うと復元するようです。
また、使用するソフトにより、異なるアルゴリズムが採用されている為、復旧結果が異なる場合もあります。
対象のトラブルとしては、データを誤って削除してしまった、ハードディスク(HDD)をフォーマットしてしまったり、FDISKをかけてしまったとか、管理ツールで認識できるが、マイコンピュータでは認識できない、特定のフォルダにアクセスができない、などがあげられます。
http://www.e-akihabara.com/
http://software.ontrack-japan.com/easyrecovery/er_free.html
使用方法はサイト上に記載されていますので、そちらを参考にしてください。
解凍して「setup.exe」を実行します、パソコンにインストールしてもしなくても、スキャンはできます。
結果が出ますが、実際のデータ復旧は有料の製品版を使わないとできないようになっています。
試用版で復旧できることが確認できれば、安心して製品版を購入することができますね。
ここで一つ注意点がありますが、必ず守っていただきたいことは、障害を起こしているハードディスクとは別のHDDを使用してデータ復旧の作業を行うということです。
ここをよく理解できていない場合は、よく知っている人にやってもらうとか、お金がかかりますが、業者さんに頼むといった方法をとられたほうが確実です。
復旧対象ハードディスクの同じパーティションにソフトをインストールしてしまいますと、消してしまったファイルに上書きされる形でデータをインストールする可能性がありそのために、消去してしまったデータの痕跡がきえてしまうといったことがあります。
こうなりますと、専門の業者にデータの復旧を依頼した場合でも修復不能となる可能性が非常に大きくなります。
posted by いまっち at 05:47 | TrackBack(1) | IT関係

データ・バックアップの重要性

データ・バックアップの重要性

データ・バックアップの重要性について、どれだけの人や企業が認識しているのでしょうか。
パソコンをそれなりに長期間使い使い続けてきた人なら、HDD(ハードディスク)のクラッシュを体験したことがあると思います。
パソコンやハードディスクが壊れることは日常的によく起こりうることです。
現実としてパソコン端末が故障して、データが消失してしまってから、事の重大さに気づくというケースが殆どではないでしょうか。
大企業においてこのようなデータ消失が起きた場合、損害は計り知れません、数百万〜数億円といった多額のコストがかかると思われます。
企業専用のアプリケーションソフトなどが失われた場合、最悪で業務が遂行できない状態まで追い詰められる可能性もあるでしょう。
顧客情報や経理データなどの復旧ができなければ信用問題へと発展して企業イメージが大幅にダウンすることになります。
個人レベルでも、データがなくなっては困ると思いつつ、つい忙しさにかまけてバックアップをおろそかにしている人は多いのではないでしょうか。
自分は大丈夫、ちゃんとバックアップを取っているから、という方でも席の隣に置いてあるパソコンやファイルサーバに置いていることが多いようです。
結局はハードディスクの中にデータをバックアップしているに過ぎませんから、人為的なミスや突然のクラッシュならまだしも、災害やテロといった事態には対応できないということになります。
posted by いまっち at 05:44 | TrackBack(0) | IT関係

データサルベージの見積もりについて

データサルベージの見積もりについて

データサルベージの見積もりに関する情報です。
データサルベージ会社の場合、必ず見積もりをしてくれると思います。
しかしここで注意が必要です。
こちらはデータサルベージに関する知識がありません。
相手はその道のプロです。
しかしそれでも大変なことには変わりありません。
仕事で時間との戦いの場合には特に考える時間的余裕も精神的余裕も少なくなっていますので。
だからこそここは冷静な判断が必要です。
まず急いでいてもデータサルベージ料金の見積もりをしっかりとしてくれる信頼と実績、技術力のある会社を探しましょう。
その際に、法外な価格を見積もりしてくる会社もありますので、数社に見積もりを頼んだ方が良いと思います。
論理障害なのか、物理障害なのか、そしてその程度はどれくらいなのかによってもデータサルベージ料金は違ってきますので、その辺りを詳しく見積もりとともに教えてくれる会社が安心出来ます。
ホームページに料金体系をきちんと載せているところを中心にして、メールや電話で問い合わせをして丁寧に回答してくれるかどうかも判断の基準になります。
故障の種類や程度、サルベージするデータの容量によって見積もりは変わってきますので一概には言えませんが、3万円〜15万円くらいというのが一般的な金額のようです。
またデータサルベージ会社によっては上手くデータの復旧がいかなかった場合は料金は無料にするという自信を持っている会社もあります。
豊富な経験と高い技術力、正確な障害レベルの調査と見積もりの迅速さや丁寧さなどを良く見極めてください。
posted by いまっち at 05:43 | TrackBack(0) | IT関係

データサルベージ会社とは

データサルベージ会社とは

データサルベージ会社に関するお話です。
データサルベージとはパソコンやデジカメなどのデータがハードディスクやメディアの不具合、故障で壊れたりした時にデータを復旧させる(使えるように元の状態に戻す)ことを言います。
他の言葉ではデータ復旧、データリカバリー、データ修復、データレスキュー、データ復元などの言葉もあります。
これらを行う会社がデータサルベージ会社です。
仕事で使っているパソコンが壊れてしまってデータが使えないとなったらもう本当に大変です。
もちろん自分でデータ復旧、データサルベージをするためのソフトも無料・有料などであります。
デジカメのデータだけなどでしたら割とフリーソフトでもデータ復旧に成功したという方の体験談もあります。
有料のデータ復旧ソフトはもっと性能が良いかもしれません。
しかしエクセル、テキストデータ、PDFなどいろいろな形式、フォーマットのデータをかなり大量に復旧したい場合はやっぱり専門の業者さんに頼む方が失敗しないで良いみたいです。
ただ一般的にはデータサルベージ(データ復旧)は料金が高いことがネックです。
料金が高ければデータ復旧率が高いかと言えばそういうわけでもないみたいです。
中には怪しげな高い料金をふっっけてくる会社もあるからご用心!故障の程度によってもデータ復旧(データサルベージ)の難しさは違ってくるので料金も違うみたいですね。
論理障害なのか、物理障害なのか、そしてその程度によって料金もさまざまです。
信頼のおける、そして実績のあるデータサルベージ会社を見つけて、見積もりを取って比較してみるなどの慎重さも必要みたいです。
posted by いまっち at 23:18 | TrackBack(0) | IT関係

ハードディスク復旧 HDD換装とは

ハードディスク復旧 HDD換装とは

ハードディスクの復旧には専門業者に依頼することで復旧可能なものと、修理不可能なものがあります。

具体的な例や具体的な症状として
・誤ってフォーマットやファイルを削除してしまった。
・パーティーションを削除してしまった。
・動作中に停電があったり、コンセントプラグが抜けてしまった。
・間違ってファイルアクセス中に電源をOFFにしてしまった。
などパソコン部品の劣化、電子部品の動作不良などによるものや落下など強い衝撃での破損による動作不良、また水没などによる動作不良があります。
ですが、データ復旧前にいくつかやってはいけないことがあります。
・電源のON/OFFは控えましょう。
やればやるほど確実に障害を進行させてしまいます。
ディスク上初期の小さな傷でも同じ箇所にヘッドが移動して、深くなる可能性大です。
データ障害を重くするだけでデータが完全に破壊されてしまうことがあります。
・ 安易にツール、ソフトを使用しない。
障害の程度が軽ければ市販のソフトで復旧が出来ますが、障害が重い場合はツールによるアクセスだけで、却って復旧を困難にさせることになります。
・安い費用の復旧業者より信用のある業者選びが大事復旧技術には専門の知識と設備が必要です。
障害の診断が正確に出来ないと障害の状態によって適切な復旧方法が出来ません。
とはいえ、データ復旧には思いのほか費用がかかってしまいます。
パソコンが動かなくなってしまったパソコン(故障)、パソコンが最近重いなどの症状が出た場合は、HDDの不調・故障が原因の場合が多々あります。
これらのケースではHDDを交換してリカバリーすると元通り復旧いたします。
手遅れになりパソコンを新しく買うよりもずっと安く済ませることができます。
posted by いまっち at 23:11 | TrackBack(0) | IT関係
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。